ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. これから迎える高齢化社会に必要な理学療法士!

これから迎える高齢化社会に必要な理学療法士!

理学療法士はリハビリの専門家として、「立つ」「歩く」などといった、日常の中でも特に基本的な動作を患者さんが行えるようにするサポートを行っています。

リハビリというと怪我や病気からの復帰のためというイメージですが、理学療法士はこれから迎える超高齢化社会でも高い注目を浴びています。

なぜ理学療法士は超高齢化社会で必要とされているのでしょうか。

 

まず介護分野における人手不足は長年にわたって続いています。

高齢化が進めばさらに人手不足は深刻化するでしょう。

介護分野の人手不足を解消するためには、介護職の待遇を改善して人を増やすとともに、「介護を必要とする人を減らす」ことも重要です。

健康な高齢者に健康維持に努めてもらうのはもちろんですが、現在介護を必要としている高齢者には出来るだけ自立した生活を送ってもらえるようにお願いしなければなりません。

自立した生活のためには、衰えてしまった身体機能を改善させることが必要です。

そこでリハビリの専門家である理学療法士の出番です。

理学療法士がリハビリをサポートすることで、高齢者が自立した生活を送ることができるようになれば介護を必要とする場面も減り、介護分野の人手不足の解消に繋がるでしょう。

介護の必要がない、もしくは最低限の介護だけで過ごせる自立した生活は、心身のさらなる健康に繋がることも期待出来ます。

近年理学療法士はスポーツ分野での活躍も増えてきています。トレーナーとして活躍の場をどんどん広げています。

日頃からスポーツに取り組むなど人々の健康志向が高まれば、介護などの超高齢化社会における問題も少なくなっていくでしょう。

超高齢化社会における重要なカギは、理学療法士が握っていると言っても過言ではないかもしれませんね。

 

理学療法士になるには専門学校や大学などの養成校で学び、国家試験に合格しなければなりません。

理学療法士の養成校には3年制と4年制がありますが、名古屋平成看護医療専門学校の理学療法学科は4年制です。

理学療法士に必要なスキルを時間をかけてじっくりと修得することが出来ますし、卒業後は大学院への進学も可能となります。

臨床実習や技能実習も余裕を持ちたっぷりと経験出来ますので、実践力や応用力も身に付きます。

また、4年かけて国家試験対策も行っており、難関国家資格対策も充実しています。

JR・地下鉄千種駅から徒歩3分、地下鉄今池駅から徒歩5分で通学出来る利便性の良さも、本校の魅力です。

これからより一層注目度が高まるであろう理学療法士を目指すなら、名古屋平成看護医療専門学校をぜひおすすめします。