ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 柔道整復学科ブログ
  4. 【外傷のスペシャリスト】接骨院の先生!柔道整復師ってどんなお仕事?

【外傷のスペシャリスト】接骨院の先生!柔道整復師ってどんなお仕事?

名古屋平成看護医療専門学校 柔道整復学科です!
本日は私たち柔道整復師がどんな職業なのか?についてちょっとそのルーツから解説してみたいと思います。


📌柔道整復師のルーツ📌

時は戦国時代、槍や刀を失った武士の最後の武器として誕生し、発展したのが柔術です。

柔術は発展していくにつれ相手を倒す技、殺法と、訓練中や合戦などで負ったケガを治す技、活法の2つに枝分かれし発展を続けていきました。

時が流れ戦国が終わり、江戸が開かれ、文明開化により明治の世となりました。
柔術も形を変え、殺法は柔道へと、活法は柔道整復術へと姿を変えていったのです。

そんな歴史ある柔道整復師の現代の主なお仕事ですが、ルーツが柔術訓練中や合戦時のケガを治す、というところから予想がついているかもしれません。

そう、その通り!
🌟ケガ(急性外傷)治療のスペシャリスト🌟なのです。

急性外傷と書くとわかりにくいかもしれませんが
・打ち身
・打撲
・捻挫
・挫傷
・脱臼
・骨折
これらケガに対する治療が専門です。
早く元気になってもらうために我々柔道整復師は患部を安静に固定するためにギプスを巻いたり、包帯を巻いたり

温めたり、電気をかけたり、手技療法を行ったりします。
患者さんが楽になった時にありがとうと言ってもらえる素敵な職業です🌷

その他にも介護施設で機能訓練指導員として活躍、スポーツ現場でメディカルトレーナーとして活躍されている柔道整復師もたくさんいます!
昔からの技術の積み重ねが今も生かされているんです。
そんな柔道整復師について興味がわいたそこのあなた!
是非オープンキャンパスや個別相談にお越しください!


以上、柔道整復学科でした♪