ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 柔道整復師ってどんな資格?試験合格率はどれくらい?

柔道整復師ってどんな資格?試験合格率はどれくらい?

皆様は柔道整復師という資格について、どんな事をご存知でしょうか。
中には「名前しか知らない」「よく分からない」なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。
そこで今回は柔道整復師という資格について、詳しくご紹介したいと思います。

柔道整復師は、捻挫や打撲、脱臼などで起こった筋肉や関節などの損傷を、テーピングや治療機器を用いたり、トレーニングを行う事で治療しています。
専門的な知識や技術を必要とする仕事のため国家資格とされており、柔道整復師になるには専門学校や大学などの養成校で3年以上学んだ後、国家試験に合格しなければなりません。
国家試験は必修問題30問と一般問題200問があり、必修問題は24問以上、一般問題は120問以上正解する必要がありますが、近年の合格率は60%ほどですね。
9割近くの人が合格していた時期もあった事を考えると難しくなってはいますが、養成校でしっかりと学んでいれば、難関試験という程ではないでしょう。
また資格取得後に働く場として多いのは整骨院や接骨院です。
整骨院などで勤務するだけでなく、柔道整復師の資格があれば自ら開業する事も可能です。
それ以外にもスポーツチームやジムなどでトレーナーとして働いたり、介護施設で機能訓練指導員として働く柔道整復師もいます。
整骨院や接骨院のイメージが強い柔道整復師ですが、実は思っている以上に幅広い分野で資格を活かして働けるのです。

名古屋平成看護医療専門学校も柔道整復師の養成校の一つです。
豊富な現場実習を積み重ねる事で基礎に加え応用力も身に付き、柔道整復師として即戦力となる事が出来ます。
国家試験対策にも力を入れていますし、担任制を導入し学生へのサポートも万全です。
最寄り駅のJR・地下鉄千種駅からは歩いて3分、地下鉄今池駅からでも歩いて5分と、アクセスも抜群です。
柔道整復師を目指すなら、名古屋平成看護医療専門学校で頑張ってみませんか?