ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 運動中の水分補給のポイント

運動中の水分補給のポイント

運動中の水分補給が重要だということは多くの方がご存知だと思います。
しかしとりあえず水を飲んでおけばそれでいいというわけではありません。
運動中の水分補給では何に気を付ければ良いのでしょうか。

運動中の水分補給でまず大事なのは水分量です。
かいた汗の量に合わせて水分を補給しましょう。
汗をかくとその分体重が減りますが、減少率が元の体重の2%を超えないようにします。
体重が60kgであれば1.2kg以上減らないように注意しましょう。
摂取したい水分量は例えばマラソンですと1時間で400~800mlが目安となりますが、気温が高い、体格が大きい、運動強度が高い場合には多く、気温が低い、小柄、運動強度が低い場合には少なくするのが良いでしょう。
のどが渇く前に適宜水分を取れるようにし、少しずつこまめに飲むことも大事です。
運動中の水分補給には0.1~0.2%の食塩と糖質を含んだものが効果的で一般のスポーツドリンクが利用できます。
エネルギー補給も考慮すれば糖質濃度4~8%含まれる飲料がよいでしょう。
温度は5~15度のものがおすすめです。
また運動中だけでなく、メインの運動の前の準備運動の段階や運動後の水分補給も忘れないようにしましょう。

このような運動中の水分補給に関するアスリートへのアドバイスも、アスレティックトレーナーの仕事です。
名古屋平成看護医療専門学校のアスレティックトレーナー学科は定員25名の2年制で、20を超える実習施設で180時間以上の実習を行いながら、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーと赤十字救急法救急員の資格取得を目指します。
また希望すればNSCA認定パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)やJATI認定トレーニング指導者(JATI-ATI)、介護予防運動指導員の資格取得も目指すことが出来ます。
さらに鍼灸師の国家資格の取得を目指す場合には、はり・きゅう学科との同時履修も可能です。
JR・地下鉄千種駅から徒歩3分、地下鉄今池駅から徒歩5分で通学出来るアクセスの良さも本校の魅力の一つですね。
定期的にオープンキャンパスも開催していますので、ぜひ一度ご参加ください。