ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 年齢による制限がない鍼灸師の資格について

年齢による制限がない鍼灸師の資格について

国家資格にも様々なものがありますが、中には年齢制限の設けられているものもあります。
鍼灸師とははり師ときゅう師の2つの国家資格を持つ人を指しますが、鍼灸師の資格には年齢制限はあるのでしょうか。今回は鍼灸師の資格についてお話します。

はり師ときゅう師の国家資格には年齢制限は設けられていません。
つまり国家資格に合格すれば年齢を問わず鍼灸師になれるということですね。
しかし誰でもすぐに国家試験を受けられるわけではなく、専門学校などの養成校で3年以上かけて学び、鍼灸師に求められる知識や技術を修得してからでないと、国家試験を受けることは出来ません。
鍼灸師は年齢を問わず目指せるため、養成校では下は18歳から上は50代まで、幅広い年代の学生が学んでいます。
鍼灸師というと鍼灸院で治療を行うイメージが強いかもしれませんが、近年では介護施設や病院でのリハビリなどにも多くの鍼灸師が関わっています。

また鍼灸師の資格を活かしてスポーツのトレーナーになるケースも少なくありませんし、エステなどの美容分野でも鍼灸治療が活用されています。
年齢を問わず資格を取得でき、幅広い分野で活躍出来る。
鍼灸師はそんな仕事なのです。

JR・地下鉄千種駅から徒歩3分、地下鉄今池駅から徒歩5分の場所にある名古屋平成看護医療専門学校では、昼間部AMもしくは昼間部PMで3年かけて鍼灸師を目指します。
校内での実習や座学に加え、附属鍼灸接骨院での豊富な臨床実習などを通して鍼灸師としての基礎を確実に習得するだけでなく、美容やスポーツなどの専門的な鍼灸治療についても学ぶことが出来ます。
国家試験対策や就職サポートも万全ですし、卒後研修制度もありますので卒業後も安心です。
同じく3年制の柔道整復学科もしくは2年制のアスレティックトレーナー学科と並行して学べば、複数の資格取得も目指せます。

何か資格を取得したい。そんな方は名古屋平成看護医療専門学校で鍼灸師を目指してみませんか?