お知らせ

アスレティックトレーナーは日常的なトレーニングや試合中など、様々な場面でスポーツ選手を支えています。
また怪我の応急処置を行ったり、怪我からの復帰におけるリハビリもサポートしています。
こうした様々なサポートを行えるのは、アスレティックトレーナーが専門的な知識や技術を持っているからなのです。

アスレティックトレーナーに必要な知識や技術は、まずトレーニングに関してですね。
より良いパフォーマンスを実現するため、また怪我をしないためのトレーニングを考え、選手に指導します。
誰に対しても同じトレーニングで良いというわけではなく、それぞれの選手に合わせたトレーニングを考える必要がありますし、選手の要望や適性などを踏まえながら改良する事も求められます。
次に必要になるのが怪我についての知識や技術です。
どれだけ注意をしていても、練習や試合をする中で怪我をしてしまう可能性は十分に考えられます。
その時には素早く適切な応急処置をしなければなりませんし、選手本人に確認した状態・状況を的確に医師に説明する必要もあります。
選手が怪我から復帰する際には、無理のないリハビリのためのトレーニングを考えるという仕事もありますね。
アスレティックトレーナーは民間資格がありますが、怪我やリハビリなどのための医学的な知識や技術を身に付けるべく、柔道整復師や鍼灸師、理学療法士などの国家資格を取得するケースも珍しくありません。
アスレティックトレーナーとして働くには、養成校で学んで知識や技術を身に付け、資格を取得するのが近道と言えます。
それに加えて、セミナーなどで最新のトレーニング方法を学ぶなど、知識や技術を常にアップデートする努力も、欠かす事は出来ないでしょう。

名古屋平成看護医療専門学校は、アスレティックトレーナーを目指して学ぶ事の出来る養成校の一つです。
3年制のプロフェッショナルトレーナー学科と、2年制のトレーナー学科があり、トレーナー学科は柔道整復学科もしくははり・きゅう学科とのダブル履修が可能となっています。
本校ではアスレティックトレーナーに必要となる基本的な知識や技術を修得出来るのはもちろん、豊富な現場実習で実践力も鍛える事が出来ます。
JR・地下鉄千種駅から徒歩3分、地下鉄今池駅から徒歩5分と、アクセスも抜群です。
アスレティックトレーナーを目指すなら、名古屋平成看護医療専門学校をぜひおすすめします。