ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. はり・きゅう学科
  4. トレーナーの現場で働く先輩へインタビュー★プロ野球編

トレーナーの現場で働く先輩へインタビュー★プロ野球編

はり・きゅう学科の卒業生で、現在は中日ドラゴンズ1軍トレーナーである佐藤啓介さんにインタビューしました!!

お仕事について聞かせてください。
日常的に行っている主な業務は何ですか?

主に選手への施術です。
鍼灸の資格は治療手段として有効で、持っていて良かったと思います。
特に急性腰痛や局所的なしこりを取るにはとても効果があると感じています。

中日ドラゴンズにトレーナーとして所属することになったきっかけは何ですか?
(名古屋平成の)先生の紹介です。

学生時代のことについて聞かせてください。
思い出深いエピソードはありますか?

夜間部に所属していましたので社会人が多いクラスでした。
どのような仕事や経験を経て、夜間通学に至ったのかをクラスメイトと話した日々が思い出に残っています。

はりきゅう学科の授業で今でも役に立っていると感じるものは何ですか?
臨床実習です。
先生やクラスメイトとの意見交換や実技に取り組む時、鍼を刺した時の相手の感想が、今でも慢心を防ぐものとなっています。

最後にこれからトレーナーを目指す方へ一言メッセージをお願いします。
現場では想像以上・想像以外のことが日常茶飯事です。
イメージしているトレーナーの姿とかけ離れているかもしれません。
ただ、トレーナー業に就くことがありましたら、慢心せず謙虚にがんばってください!!


プロ野球の1軍で活躍する先輩も、大切にしているのは学生の頃の初心や基本だということがよくわかりました!
謙虚に仕事に取り組むことが、第1線で長く活躍できる秘訣でもあるのですね!!
お忙しい中本当にありがとうございました!!