ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 柔道整復学科ブログ
  4. 整骨院と整体院の違いについて

整骨院と整体院の違いについて

整骨院と整体院の違いが分からない。
そうお思いの方は少なくないのではないでしょうか。
確かに名前は似ていますし、受けられる施術も同じようなものに思えますよね。
しかし実際には整骨院と整体院には大きな違いがあるのです。
整骨院と整体院、一体何が違うのでしょうか。

まず整骨院は接骨院とも呼ばれますが、国家資格であり、医療知識が豊富な柔道整復師による施術を受けられる施設です。
整骨院では捻挫や打撲などに対する施術を保険適用で受けられます。
対して整体院は民間資格を持つ整体師が背骨や骨盤のゆがみを整えたり、筋肉のコリをほぐしたりする施設です。
接骨院の施術が痛みに対して行うことに対し、整体院はリラックスや疲労回復のためのに行うといったイメージが強いですね。
保険も整体院には適用されません。
それほど違いがないように見える整骨院と整体院ですが、特徴はそれぞれで違いが明らかですね。
利用する際は自身の状態に合った施設を選ぶようにしたいですね。

柔道整復師は医療国家資格ですが、国家試験を受けるにはまず専門学校などの養成校で3年以上学び、柔道整復師に必要となる専門的な知識や技術を身に付ける必要があります。
JR・地下鉄千種駅から徒歩3分、地下鉄今池駅から徒歩5分の場所にある名古屋平成看護医療専門学校の柔道整復学科では、3年かけて柔道整復師を目指して学びます。
校内での授業が充実しているのはもちろん、臨地実習も豊富に行いますし、国家試験に向けた対策も万全です。
赤十字救急法救急員の資格に加え、希望すればJATI認定トレーニング指導者(JATI-ATI)や介護予防運動指導員の資格取得を目指す事も可能です。
さらにはり・きゅう学科と併行して学べば、より多くの資格取得も可能になるでしょう。
名古屋平成看護医療専門学校で学んで、幅広く活躍出来る柔道整復師を目指してみませんか?