ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 看護師になるには?大学と専門学校どっちがいいの?

看護師になるには?大学と専門学校どっちがいいの?

看護師という職業は専門性が高い事から国家資格とされており、「看護師を養成するための学校」で学ぶ事も義務付けられています。
看護師の養成校には専門学校や大学などがあり、基本的にはどの養成校で学んでも、看護師に必要な知識や技術を身に付ける事が出来ます。
ではそれ以外の部分において、専門学校と大学とではどういった違いがあるのでしょうか。

まず大学が4年制であるのに対し、専門学校の多くは3年制ですので、専門学校の方が1年早く看護師になる事が出来ます。
これは専門学校では看護師になるための学習に専念するのに対し、大学では看護師になるための学習以外にも、一般教養など様々な事を学ぶ点が関係しています。
また専門学校の方が大学よりも実習数が豊富である事が多くなっています。
そのため専門学校は短期間で実践的に学ぶ事が出来るという点が、大きなメリットと言えるでしょう。
学費も大学より専門学校の方が安い場合が多いですね。
対して大学は4年制である分、時間や気持ちに余裕を持って学ぶ事が出来ます。
幅広い知識が得られる点も大学の魅力で、研究やマネジメントなど、看護師の知識を医療現場以外で活かしたいという場合には、より多くの知識が得られる大学の方が向いているでしょう。
さらに大学によっては助産師などの資格取得も目指せる場合もあります。
専門学校と大学、どちらにも違ったメリットや魅力がありますので、自身に合った学校を選ぶと良いでしょう。

名古屋平成看護医療専門学校も、看護師を目指して学ぶ事の出来る学校の一つです。
本校の看護学科看護専攻は3年制で、少人数制で確実に知識や技術を得られるカリキュラムや指導体制を整えています。
2017年度の国家試験合格実績は88.6%、就職内定率は100%と高水準ですし、JR・地下鉄千種駅から徒歩3分、地下鉄今池駅から徒歩5分と、アクセスも申し分ありません。
医療現場で即戦力として働ける看護師を目指すなら、名古屋生成看護医療専門学校で学んでみませんか?