お知らせ

こんにちは!看護学科です。
今回は、洗髪の技術演習中の様子をお伝えします🐣🌺

1年生は、日常生活援助技術を学んでいます。
健康な時は、毎日シャワーを浴びたり、入浴したりしていますね。
汗を流して、入浴剤の入った湯舟につかり、疲れを癒し、そして眠る。
そんな日常から、病気となり療養生活をせざるを得ない状況にある方々に、気持ちよく感じて頂けるように援助したいと思っています。

体調が悪くて、自分では動けない時、手助けを必要とします。
今回の洗髪の技術演習では、「清潔の大切さ」、「皮膚・粘膜の仕組みと機能」、「人間の生理的な欲求に清潔の欲求が含まれるということ」、「個々による清潔の価値観の違い」、「安全・安楽な看護技術」について考え、技術の習得を目標に頑張っています。

ベッドで寝ている学生に、実際に湯をかけ、シャンプーをし、すすいでいく。
耳に水が入らないように、頸に負担がかからないように、襟を濡らさないように、濡れた髪で冷感を感じないように、適温の湯で洗えるように、すすぎ残しのないように、等々。
気を付けたいことが沢山あります。

患者体験を大事に、仲間と励まし合いながら、日々練習を重ねていきます👣✨