お知らせ

「理学療法士」という仕事をご存知の方は多いと思います。
ただ何をしているのかまではよく分からない、なんて方ももしかしたら少なくないかもしれませんね。
今回は理学療法士について、詳しくご紹介したいと思います。

理学療法士は医療系の国家資格であり、身体に障害を抱える人たちを支える専門職です。
立ち上がって歩いたり、起き上がったり、寝返りをうったりといった動作は、障害がなければ問題なく行えます。
しかし身体的な障害があると、こうした基本的な日常の動作も難しくなります。
そこで身体機能を回復させるために、理学療法士が様々な形でサポートを行うのです。
具体的には歩く練習をするなどといった運動療法を行ったり、物理療法として電気や温熱を使用する事もあります。
勤務先は病院や介護施設などですが、今後は在宅医療における需要が高まると考えられています。
また理学療法士と似たような職業として「作業療法士」も存在しますが、理学療法士が基本的な日常動作のためのサポートを行うのに対し、作業療法士はより幅広い心身のリハビリを行っている点が大きな違いですね。

理学療法士の国家資格を取得するためには、まずは専門学校などの理学療法士の養成校に3年以上通い、専門的な知識や技術を身に付けなければなりません。
名古屋平成看護医療専門学校では4年制の理学療法学科を設けています。
4年制とした事で基本的なスキルを確実に修得しつつ、現場で即戦力となれる応用力も身につくようになっています。
また高度専門士の学位を取れる点も4年制のメリットで、卒業後は大卒と同等の扱いになる可能性もありますし、大学院に進む事も出来ます。
理学療法士を目指すなら、名古屋平成看護医療専門学校でじっくりと学んでみませんか?