お知らせ

「西洋医学」と「東洋医学」。
名称は耳にした事がある方も多いと思いますが、具体的に両者にはどのような違いがあるのでしょうか。
今回は西洋医学と東洋医学の違いについて、ご紹介したいと思います。

西洋医学と東洋医学で最も大きな違いは、治療についてのスタンスです。
西洋医学では明確な症状が出ていたり、原因がはっきりと分かっている病気に対し、その症状や病気に効果のある薬を使った治療を行います。
対して東洋医学では、何となく体調が悪いなど、原因がよく分からない症状や病気に対し、自然治癒力を高める漢方薬を用いた治療を行います。
また西洋医学では悪い部分を手術や薬で除去する事を治療としているのに対し、東洋医学は自然治癒力を高める事や病気の予防が治療のメインとなっている点も、大きな違いであると言えますね。
東洋医学に分類される柔道整復や鍼灸は、医療分野ではもちろん、スポーツや美容、介護など、様々な分野で重宝されています。
これは自然治癒力を高めたり、病気の予防を重視する東洋医学の考え方が、人々のニーズと上手くマッチした結果ではないでしょうか。
西洋医学と東洋医学、どちらの方がより優れているというものではなく、それぞれに得意とするものが異なります。
病気や症状に合わせ、適した方法を取り入れるようにすると良いですね。

名古屋平成看護医療専門学校では、柔道整復師や鍼灸師(はり師・きゅう師)、看護師、理学療法士などを目指して学ぶ事が出来ます。
Wライセンス取得も出来るようになっており、二つの学科に同時入学して学び、複数の資格を併せて取得する事も可能です。
JR・地下鉄千種駅から歩いて3分、地下鉄今池駅からは歩いて5分と、毎日の通学の負担も少なくて済みます。
まずは一度オープンキャンパスで名古屋平成看護医療専門学校にお越しになってみてください。
きっと本校の魅力を体感していただける事でしょう。