お知らせ

長く働き続けるために何か資格を取得したい。
そう考える女性は少なくないと思いますが、資格にも色々なものがありますよね。
どんな資格が良いか悩んでいるというのであれば、鍼灸師はいかがでしょうか。
鍼灸師は女性が活躍出来る国家資格の一つですよ。

一般的には鍼灸師と呼ばれてはいますが、正しく鍼灸師は国家資格ではありません。
「はり師」と「きゅう師」の2つの国家資格を持つ人の事を「鍼灸師」と呼んでいるのです。
鍼灸師になるために必要なはり師ときゅう師の国家資格は、専門学校などの養成校で3年以上学び、その後国家試験に合格する事で得られます。
鍼灸師の就職先として多いのは鍼灸整骨院ですが、最近では美容に特化した美容鍼灸を行う美容鍼灸院、エステサロン、美容クリニックなどで働く女性鍼灸師も多いですね。
また冷え性や生理痛、不妊治療などの治療に鍼灸が用いられる事もあり、そういった女性特有の悩みは女性鍼灸師の方が相談しやすく、患者さんも安心して施術を受ける事が出来ます。
国家資格を持っていれば、結婚や出産などで退職した場合でも再就職がしやすくなりますし、お子様が幼い間は鍼灸師の資格を活かしてパートとして短時間だけ働くという事も可能です。
この先美容分野でも鍼灸師の活躍の場はさらに増えていくでしょうし、高齢者向けの鍼灸治療の需要も高まる事が考えられます。
長く活躍し続けたい女性にとって、鍼灸師はとても魅力的な資格ではないでしょうか。

名古屋平成看護医療専門学校では、はり・きゅう学科の鍼灸専攻で鍼灸師を目指す事が出来ます。
豊富な実習や研修で確実に技術を修得出来ますし、美容やスポーツにおける鍼灸など、より専門性の高い知識や技術を学ぶ機会も用意しています。
もちろん国家試験合格に向けての対策も万全です。
本校の他の学科での学習を並行して複数の資格取得を目指す事も出来ますし、JR・地下鉄千種駅から徒歩3分、地下鉄今池駅から徒歩5分と、通いやすさも申し分ありません。
鍼灸師の資格取得を目指すなら、名古屋平成看護医療専門学校で一緒に頑張りましょう。