お知らせ

スポーツがお好きな方の中には、スポーツに関わる仕事がしたいとお考えの事も多いと思います。
スポーツに関わるにも、本当に様々な形がありますが、「アスレティックトレーナー」としてアスリートをサポートするというのはいかがでしょうか。
サポートしている選手やチームが頑張る姿を目にすると、自分も同じようにスポーツに挑戦しているかのような達成感を味わう事が出来ますよ。

アスレティックトレーナーは普段の練習や試合などでトレーニングや怪我の予防を行ったり、精神面でのコンディションを整えるサポートなどを行っています。
また怪我をしてしまった場合には応急処置をしたり、復帰を目指してリハビリのサポートも行います。
陰ながらの目立たないサポートではありますが、アスレティックトレーナーの存在はアスリートにとって欠かせないものです。
選手が最高のパフォーマンスを見せる事が出来た時やチームが勝った時には、アスレティックトレーナーも自分の事のように嬉しくなりますね。
選手が怪我から復帰出来た時にも、本当に喜ばしく感じます。
スポーツをしていたけれど怪我で続けるのが難しくなったという方でも、アスレティックトレーナーとして長くスポーツに関わり続けている事は珍しくありません。
アスレティックトレーナーはとても魅力のある仕事なのです。

トレーナーになるには必ずしも資格が必要なわけではないので、民間資格の取得を目指す教育機関で専門的な知識や技術を学びチャレンジする人も少なくありません。
しかし、よりハイレベルでの活動を目指すのであれば、日本スポーツ協会のアスレティックトレーナーの資格を取得し、柔道整復師や鍼灸師などの医療系国家資格を取得することをお勧めします。
名古屋平成看護医療専門学校のトレーナー学科では、2年間で日本スポーツ協会のアスレティックトレーナーの資格取得を目指せます。
また本校では柔道整復師や鍼灸師を目指して学ぶ事もでき、トレーナー学科と他の学科とを並行して学べばダブルライセンス取得も可能です。柔道整復師や鍼灸師の資格があれば、より専門的なケアでアスリートをサポート出来るようになるでしょう。
スポーツに関わる仕事がしたい。
そんな方は名古屋平成看護医療専門学校で学び、医療資格を持つアスレティックトレーナーを目指してみませんか?